了解更多交流史 〔教材〕仲泊唐人墓碑ものがたり

タイトル仲泊唐人墓碑なかどまりとうじんぼひものがたり
キーワード歴代宝案、文化財、絵画資料(非文字資料)、恩納村仲泊、漂着事件
説明〔ねらい〕
 地域に残る文化財を通して、琉球王国時代の交流史に関心を持つ機会とする。
〔内容〕
 19世紀前半、琉球に漂着した中国人たちの漂着について、恩納村仲泊に残る墓碑(村指定文化財「唐人墓の墓碑」)を題材に、この漂着について記録された「歴代宝案」の内容を基に、漂着事件の経緯をエピソード化した。
 また、本教材の内容をイラストにし、”紙芝居”の手法を用いて小学校3、4年生の児童でも理解しやすいように工夫した。
 本教材を用いる際は、琉球と中国(清)、台湾等の地理的な位置関係に留意しながら、琉球と周辺諸国との間に、水難救助などを通して交流の歴史があったことを確認させる。
公開日2024年3月18日
学校種別小学校(3、4年生)
教科・領域等    社会科(3・4年)
総合的な学習の時間
公開資料スライド(ppt)紙芝居(PDF)教師用解説(PDF)
イラスト作画比嘉孝子
参考文献・資料       ・沖縄県教育庁文化財課史料編集班編『歴代宝案 訳注本 第10冊』沖縄県教育委員会、2020年
「琉球交易港図屛風」(浦添市美術館所蔵)
・安里進・外間政明編著『古地図で楽しむ首里・那覇』風媒社、2022年
・沖縄県文化振興会公文書管理部史料編集室編『沖縄県史 各論編4 近世』沖縄県教育委員会、2005年
・沖縄県教育庁文化財課史料編集班編『沖縄県史 図説編 前近代』沖縄県教育委員会、2019年
・『日本近世生活絵引』奄美・沖縄編編纂共同研究班編『日本近世生活絵引 奄美・沖縄編』神奈川大学日本常民文化研究所非文字資料研究センター発行、2014年
・山形欣哉『図説中国文化百華第16巻 歴史の海を走る-中国造船技術の航跡-』農山漁村文化協会、2004年
その他 恩納村指定文化財 唐人墓の墓碑(恩納村HP)
〔デジタル教材2022〕「唐人墓碑」から琉球の歴史を知ろう